So-net無料ブログ作成
検索選択

ココ・シャネル [映画]

2009年夏、公開の映画

この映画は、有名ブランド「シャネル」をつくりあげたガブリエル“ココ”シャネルの物語。母親を亡くし、孤児院で育ち、お針子から帽子デザイナーになり、ファッションブランドを立ち上げていくシャネルの成功と挫折を描く。
残念ながら、シャネルスーツもバッグもコサージュも持ってないけど、シャネルはお気に入りのデザイナーだ。(CHANNELならあるけど…… ^_^; )
シャネルのデザインはゴージャスでいかがわしくて、素っ気ない素振りなのに愛嬌があって、はっきりしているのにとらえどころがなくて、そういう二面性があるところに魅力を感じる。

シャネル伝説は、聞く人によって言うことが違うといわれるくらいさまざまある。この映画も、その中の一つをチョイスしたものだ。有名になると、いや、ならなくても、人は思い思いに誰かの噂をするものだし、本人が「こう思われたい」というイメージが強い場合は、真実を思い切りねじ曲げて通そうとすることだってある。シャネルの実人生がどうだったのかは謎に包まれているが、シャネルが残したモードの中に、すべては表現されている。人は、どこかしらに「自分の本当のこと」を表出しなければ気がすまない生き物である。どんな嘘つきも、ふと漏れる吐息の中に真実をこぼしてしまうものだ。

何かを発信するのに今ほど自由ではない時代に、独自の表現を形にしていったシャネル。誰にも止めることができないエネルギーに満ちあふれていて、いったい、そのエネルギーがどこから出てくるものなのか。それが知りたい。
おそらく、体じゅうにものすごい怒りをマグマのように煮えたぎらせて表現していたのではないだろうか。自分を見捨てた父親に、自分が生きている時代のフランスの身分階級に、体を縛りつけるファッションに、身に降りかかってくるすべての不自由さに彼女は全身全霊で怒っていたのではないか。怒りを、誰かにぶつければ迷惑な存在になるだけだが、彼女はモードの世界に情熱を傾けて昇華していったのだと思う。挫折も失敗も次へのエネルギーに変えて。
見終わった後は、「アタシもがんばらなきゃ!」と、なんだかわからないけど元気が出てくる。シャネルのエネルギーが注入されたのかもしれない。



シャネル本.jpg
ポール・モランが書いた『獅子座の女シャネル』があったのを思いだして、読み返してみる。パリが最も輝いていた時代、ディアギレフ、コクトー、サティ、ミヨー、ピカソといった芸術家たちに囲まれたシャネルの暮らしぶりが伺える。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。