So-net無料ブログ作成
検索選択

キング・コーン [映画]

ボクらの体はコーンでできている!

コーン.jpg

見渡す限り緑色が続くアイオワ州のトウモロコシ畑。トウモロコシはアメリカで最も生産量の多い穀物で、食の王様といっても過言ではない。で、キング・コングではなくキング・コーンを描いた映画がこれ。
トウモロコシはスナック菓子やコーンスープ、ハンバーガーの原材料はもちろんのこと、トウモロコシ飼料を食べて育った鶏肉や牛肉を食べたり、トウモロコシ飼料を食べて育った牛からとれる牛乳をゴクゴク飲んでいるわけだし、炭酸飲料に入っている甘味料もトウモロコシで作ったコーンシロップだし、多くの食品添加物にはトウモロコシがめいっぱい使われているし。最近では、バイオ燃料としてガソリンの代わりに車まで走らせている。こんなに私たちはトウモロコシに囲まれて生きてるのね〜ということに改めて気づかされる。
若者二人が、このトウモロコシの生産を手掛けてみたら……?
遺伝子組み換えされた種子や、強力な除草剤を使って簡単に収穫ができたものの儲けはなくマイナスの収支。政府からの助成金を受けてやっと儲けが出る始末。
作っても儲けにならなくて、しかも作ったトウモロコシはそのままでは不味くて食べられた代物ではなくて。「わしらはクズを作っているんだ」とつぶやく農家の人。どこまでもどこまでも広がるトウモロコシ畑を見てなんだか暗澹たる気持ちになってくる。今や、なくてはならないコーン。ずいぶんねじれた食の王様だ。生育を見守りながら、いろいろなことを考えさせられる。
声高に批判したりするシーンは全くなくて、ただ、炭酸飲料を毎日飲んで肥満して糖尿病を患った人たちが登場したり、本来は牧草を食べて健康に育つ牛を狭いところに囲い込んでコーンを食べさせて育てる姿が淡々と映し出される。コーンを食べて育った牛は病気になりやすいらしい。ペプシやコカ・コーラ、マクドナルド。現代のアメリカの食を向こうに回して、あっさりとNO! を突きつける。こんなダメ出ししてもいいのかしら? と、見ながら小心者はヒヤヒヤしてくる。
甘くて明るくてポップなアメリカの食べ物。コーンを追いかけてみると、ぽろぽろメッキが剥がれていくようで……。日々の食べ物、よく見て考えて口にしなければアブナイです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。