So-net無料ブログ作成

MIDNIGHT EAGLE [映画]

なんか、泣けちゃった。

雪山に墜落したステルス爆撃機“ミッドナイトイーグル”を追うカメラマン、新聞記者、自衛隊、そして北の工作員たち。北アルプスを舞台に繰り広げられる山岳アクション堂々2時間20分!て、あれ? パンフレットを後から見たら上映時間が書いてないぞ。パンフを作成した時点では、まだ絞れてなかったってことかな。試写室で、映画が始まる前に映画会社の担当者が「上映時間は2時間20分です」と挨拶したときには、周囲にいたマスコミ関係者や広告関係ぽい人の間から、明らかに「ひええー、なげーな」という感じの溜め息が漏れたのだった。だけど、映画が始まってしまうと案外飽きさせない展開で、あまり長いって感じもなく泣けた泣けた。涙腺を刺激されたのは、切羽詰まったときに人がする決断という行為の残酷さ、父親としての態度に泣けたのだった。こうするしかないでしょという選択しか残されてないとき、人はあまりにも無力だけど、さばさばと自分の運命を受け入れる姿は清々しい。
ホントは玉木宏クン目当てで見に行ったのだけど、他の出演者たちが結構よかった。今まで、私の中では大沢たかおはあまり主役級の俳優という認識がなかったけど、存在感がある人だと思う。竹内結子もさまざまな表情を見せてたし。
山にもキャストにも、ステルスにもそれほど興味もなくて見たわけだけど、なんだか泣けて、見終わったらすっきりした気分で、デトックス効果アリ!な映画かも。


雪山の参考写真です。蓼科あたり。何か飛んでいます。
山登りよりskiがいいな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。